おレビュー

世の中の色んなものの俺レビューを掲載するブログです。職業上スマホやビデオゲームがメインです。

映像:ZOMBIELAND(ゾンビランド)

このブログについて - おレビュー

※若干本編内容に触れているものの、面白さは損なわない程度の記載があります。

 

 

3本連続で見たゾンビシリーズ第3本め

ZOMBIELAND(ゾンビランド)のレビュー。

 

f:id:taka230035:20170802002129p:plain

 

気になった点は以下。

 

 

 

大まかな内容

地球上はほとんどゾンビで埋め尽くされている状況の中、貧弱な主人公は人間として生き残っていた。

ゾンビが街の至る所を徘徊する中、なぜ主人公は生き残れたのかというと

何十以上もの生き残るためのルールを見つけて、決めて、必ず従っているため。

 

そんな中、他に生き残っている人間と会うのだけれども、その中の1人に恋愛感情をいだいてしまう。

そのヒロインがピンチというときに、今まで決めてきたルールを破るわけだけど、果たしてどうなる!?というストーリーです。

 

 

 

感想として

見た感想としては、正直言って中盤までは目立った展開はなく、だるみを感じてしまいました。

ただ、後半になるについて、のめり込んでいきました。

 

この作品も2本めと同様、コメディが入っているのですが、本作はそこまで強くはありませんでした。

ただ、2本めと共通して恋愛要素があり、洋画も恋愛に絡めてストーリー展開する作品多いなぁと思います。

 

ですが、のめり込んだと書いているとおり、なんだかんだでその恋愛の展開が気になる部分もあり、自分も単純だなと。

 

 

 

ゾンビ3作品見て

ゾンビ系の作品3本見て、ゾンビを題材とした作品でもいろんな展開方法があり、楽しめました。

 

今回紹介した3作品すべてにおいて、

ゾンビとは?という説明や

なんでこうなったか?という理由は

などの描写がほとんどなく。

ゾンビという単語・物体・性質はもう一般的に認知されているものとして作られているんだなと思いました。

 

 

医学の進歩により、

最近は寿命の延長化=不老不死や細胞移植=若返りなども少しずつピックアップされています。

 

ウィルスなどによる人間のゾンビ化・凶暴化も意外とリアリティがあるものして取られられてきてますし、ゾンビ作品を単なるコメディとして取らえられるのも今の内かもしれません。

という、最後は意味不明なテンションで締めです。

 

 

 

ゾンビランド (字幕版)

ゾンビランド (字幕版)