おレビュー

世の中の色んなものの俺レビューを掲載するブログです。職業上スマホやビデオゲームがメインです。

映像:biohazard DAMNATION

このブログについて - おレビュー

※若干本編内容に触れているものの、面白さは損なわない程度の記載があります。

 

 

ゾンビ系映画を続けて3本見たので、順にレビューしたいと思います。

ゾンビという同じ題材でも、それぞれ表現したいことが違いどれも楽しめました。

 

まずはbiohazard DAMNATIONのレビュー

f:id:taka230035:20170801220753p:plain

これが3本の中で一番楽しめました。

 

 

 

気になった点としては以下。

 

 

 

話の流れとしては。。

バイオハザード5と6を繋げると記載があり、4までしかプレイしていない自分ですが、内容は理解できました。

というか5のクリスとか出てきません。

 

話の流れはゲームのバイオハザードの映像部分を1つにつなげた内容&ノリと感じました。

今回のレオンの目的はゲームにはないオリジナルのものですが、やはりレオンだな、展開がバイオハザードだな思いました。

なので、悪く言うと、ゲームの映像を見ている感じなのですが、自分はそれが好きでした。

 

ただ、

f:id:taka230035:20170801222146p:plain

ゲームでは道中の厄介なモンスターとして出てきそうな上記モンスターですが、

この映画のストーリー終盤では、なぜか応援したくなるという。

ここはゲームにはないものだと思います。

 

 

 

一番面白かった部分

一番面白いと感じたのはなんと、エイダの白兵戦の部分です。

 

エイダ、主人公よりかっこ良く、良い動きしてるというのが

さすがバイオハザード。

 

またエイダ声優の方については、海外向けの方が非常に合ってると思い、好きですね。

www.youtube.com

↑おそらくbiohazard4の人と一緒と思います。

 

 

 

ゲームの映画化について

今回はbiohazardの映画シリーズ第2段ということですが、

第3段となる<>biohazard VENDETTAが2017年5月に公開されております。

biohazard-vendetta.com

 

 

続いているということは、

制作費の採算が取れたり、人気だということだと思います。

自分はbiohazard VENDETTAもレンタル可能となったら見てみたいです。

 

そもそもゲームの映画化については、あまり話を聞かないし、成功しているものと言ったらアニメ映画となるポケモンぐらいで特殊な作品なのではないでしょうか。

 

 

また、ゲームの話となりますが

バイオハザード7については、今までのシリーズのメインキャラクターはほとんど出てきていません。

 

 

 

何が言いたいかというと

今後は、シリーズのキャラクターをキャラ映画として出演させ、ゲームについてはバイオハザード7の方向性で行くのでは!?

と思ったりもします。

 

 

ファンとしては、

レオンやクリスを操作できたりすることも、バイオハザードの面白さの一つなのですが。

 

 

 

 

バイオハザード ダムネーション(初回生産限定) [Blu-ray]

バイオハザード ダムネーション(初回生産限定) [Blu-ray]