おレビュー

体験したエンターテインメントの俺レビューを掲載するブログです。スマホやビデオゲーム、映画がメインです。

所感:2017年ゴールデンウィークを終えて

このブログについて - おレビュー

※本当に私的による私的のための駄文

 

本日、2017年ゴールデンウィーク最終日。

エンターテインメント周りの所感をメモです。

 

本当にエンターテインメント産業が増えすぎて、人がそれに分散しちゃっていて

人をなんとか集めるために宣伝しまくって

結局生産性がない広告費だけが上がっていくんだなぁと思ったというのが抽象的な感想です。

 

野外レジャーは置いておいて、屋内でのエンターテインメントについて、以下のことが目立っていました。個人的に。

 

 

 

Youtube

生配信、動画がたくさん上がっていました。有名Youtuberの生配信には5万人規模で人が集まっっていて。軽いイベントとなってます。

自分も動画を始めてあげてみましたが、気軽に簡単にできますね。

Youtuberの広告収入などを聞けば、だれでも飛びつける世界になり、動画が溢れかえっている状態。

 

 

 

スマホアプリ

ゴールデンウィーク直前にカナリの数のアプリが更新されていて、連休中にはほとんどのアプリでイベントが開催されていました。

 

ランキングについてですが、モンストはやはり別格で、ずっとトップでした。

Youtubeでも関連動画が数多くUPされていたし、CMもバンバン打っていた印象です。

コラボのクオリティ本当に高いですね。

 

 

 

コンシューマゲーム

記事にもしましたが、

 

gamecheck.hatenablog.com

 

こちらもPS4だとゴールデンウィーク直前にセールをしていたり、switchだとマリカーが発売されていたりと。

ただ任天堂系についてはマリカーをリリースしたものの肝心のswitchが売っておらず、もったいないと思った。

 

 

 

AbemaTV

ここがすごかったと思う。

1周年記念ということで、いろんな企画番組が実施されていて、

数のとり方が本当にユニークユーザーのみなのかは不明だが、10万〜50万という視聴者数があったようです。

 

特に『亀田興毅に勝ったら1000万円』という番組をやっていたが。

視聴者数が500万〜1000万人となっていて、鯖落ちしていた。ついにはYoutubeでも放送することになっており、人気の高さが伺えるものでした。

 

TVでは打ち切りとなっていたが、昔人気があった番組を復活させていて

自分が見た限りは、演者の人数だったりとTVと比べ、スケールダウンしていたが、それでもAbemaTVでは人気があったように思います。

 

 

 

〜まとめ〜

個人的に楽しめたのはAbemaTVでした。AbemaTVについては、赤字やら不調やらの報道がありますが、続いてほしいサービスの一つです。

 

逆に楽しめなかったのはスマホアプリで、ちょっと作業の合間の10分ぐらいでちまちまやる程度でした。

アプリ全体でも、売上が下がってきていると思うし、このままガチャ施策で業界続くのかなと。

スマホアプリは自分も仕事で携わっているので行先が気になるところです。

 

また夏の終わり頃、これらのサービスが生き残っているのか、新たなサービスが生まれているのか。メモしたいと思います。