読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームCheck

ゲーム全般のレビューを掲載するブログです。

映画:シン・ゴジラ

sell版が出たので、見てみた。

 

面白かった理由としては以下。

  1. あるあるを共感できる。
  2. リアリティを追求している。
  3. 製作者の揶揄表現を垣間見るのが面白い。
  4. ゴジラの圧倒的な強さ

 

 

あるあるを共感できる。

何をするにも誰かの許可が必要というところ。責任をなすりつけ合うところ。会議が多く事の進みがおそいところ。会議に参加する人数が無駄におおく、意見が収束しないところ。

映画では政府内での出来事だが、上記のことは一般企業でも多く見られる。

「そうそう、こんなのばっかり」と現実世界と比較していしまった。

 

ゴジラとは直接関係ないところでの共感。

 

 

 

リアリティを追求している。

被害の有様や、一旦ゴジラが隠れたときの翌日の普段と変わらない日本の状況。ゴジラ対応の各国の様子など、 万が一実際に起こってもこんな感じなんだなと。

実際、震災があったときもそうだったし、それが参考にされていると思う。

 

また、ゴジラの出現自体は明かされていないものの、予想がつけられる。

劇中で進化の過程も見られることができ、リアリティが感じられる。

 

臨場感があるので、映画への没入さを高めていると思う。

 

 

 

製作者の揶揄表現を垣間見るのが面白い。

上のリアリティの話とつながるが、

製作者はゴジラ原子力発電と比喩していて、

また劇中の政府の様子を震災当時の政府と比較し、揶揄しているのではないかと思ってしまった。

「日本はゴジラと一生付き合っていかなければならない。」みたいなセリフがあったが、今の日本でも、福島原発の現状をずっと気にしながら生きていかなくてはならない。

 

 

 

ゴジラの圧倒的な強さ

 最後に。ゴジラの事が余り触れてなかったので。

劇中では主に人間模様描写が多めだが、もちろんゴジラの圧倒的な強さも描かれていてる。

一番はやはりおなじみの光線。

最初地面に赤い炎を吐くのだが、今回はこうなったかと思った瞬間。更に圧倒的な威力のものを撒き散らして。

そして口からだけでなく、あんなところからも。。

そんな強さのゴジラをどう止めたかが。。まだ見ていない方はおすすめします。

 

 

 

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ